医師の転職理由が年収やポストではない事例に必要な事。

医師の転職理由で年収1000万増のオファーを蹴った事例がありましたので、

引用してご紹介します。

引用元→医師ヘッドハンティングの舞台裏
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/clinic/scout/201510/544323_2.html

これによりますと、大学の医局を離れてて転職するケースにおいて、

民間病院に移るのであれば、年収が上がる事はほぼ確実、

役職も部門の責任者、部長、あるいは副院長、病院長など、

又はその同等格を提するケースがほとんどなのに、

これら年収やポストで転職を決めない医師が多い、という事です。

 

年収だけではない医師の転職理由の共通点

 

こういった考えの医師の共通点は、その転職を考える理由が、

「自分の目指す医療をのびのび自由にやりたい。」

「病院が将来的にどんな戦略を描いているのか知りたい。」

という事のようです。

病院の競争が激化する中で、地域の中で病院がどういう戦略を持って

生き残ろうとしているのか?

そんな中で自分が目指す医療とベクトルは同じであるのかどうか?

こういった考えで医局を離れ、転職を考える医師たちは、

自分が目指すものと病院が進むべき道の整合性を確認した上で、

職場に就くので、

モチベーションが持続し、その結果病院への貢献度も大きくなり、

結局重要なポストに就いて、収入もアップする、という事例が多い、との事です。

ベクトルの整合性が最重要ですので、

年収やポストの転職理由や条件がそれを邪魔する、という事ででしょうか。

 

救急医療への方針を確認して転職した事例

 

救急医療で自己実現を考える医師が、紹介先(求人先)の病院のホームページから、

とても救急に力を入れている印象を受けなかった、とい事例です。

医師の転職理由で、年収アップやポストだけではなくもっと自由に自分がやりたい医療を・・・と大学の医局を離れる事例です。自分の目指す医療と病院の経営方針をマッチさせる事が失敗しない転職のポイントで、求人先の情報をもっと詳しく知る事が望まれています。

ここでは転職コンサルタントが仲立ちをして、

病院の向こう数年間の経営ビジョンを確認して、

自分の考えと病院が進もうとしている方向性が同じである事を確認して、

無事転職を成功させた、という事ですが、

ここでも見かけの求人先病院の情報だけでは、

失敗!と後悔する転職になったかもしれません。

 

求人先の病院の医療都合情報を知る事の重要性

 

引用させてもらった、転職サービスのような優秀な転職コンサルタントばかりであれば、

問題は少ない、とは思いますが、

残念ながら100%そういう訳ではありません。

一方、この事例のような理由で転職される医師は、

診療実績や症例実績だけではなく、

患者特性や患者受け入れ体性、そして将来的なビジョンも含めた

様々な観点での定量的なデータを転職活動の初期段階で知る事ができれば、

より充実した、自分の考えにマッチした

ミスマッチングがほぼゼロの転職が可能になる、と思いますし、

何より効率的です。

医師の転職において、特に必要であった、要望の多かった転職サービスが

実現されてきています。

⇒求人先の医療統合情報が閲覧できる
メディリアの他社にはない医師転職支援サービスとは?

 

 

医師の転職理由と失敗しない為に-Home

⇒医師転職理由と失敗例を活かした転職支援サービスとは?