医師転職失敗事例?医局を離れる、教授の引き止めが強い。

医師が医局を出て転職する場合において、

転職が上手く行かなかっった、失敗・・・と考える事例が多いといわれています、

教授が執拗に引き留めるのを押し切って転職へと進んだケースについて、です。

医師転職コンサルタントの経験から書かれた下記引用元のコラムよりご紹介しています。

引用元-医師転職何でもQ&A
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/nandemo/201510/544367.html?n_cid=nbpnmo_mled

 

医師転職で医局を出る時の教授の態度は2パターン

 

部下が退局を申し出たときの教授の反応も大きく2つのタイプに分かれ、

1つはあまり引き留めることなく「好きにしろ」とドライに割り切るタイプ、

もう1つは熱く慰留するタイ、との事。

教授の仕事は、医局、診療科という組織を運営していく事で、

人員減による組織の運営への支障を考えての慰留である事が大前提の上で、

教授がかたくなに医局を離れる事を反対するのは、

部下のキャリアを考えて、勉強すべき、経験すべきことがまだ合格点に達していない、

人生や医師の先輩として「まだ医局を出るには早いよ」と退局を止めている・・・

とここには書かれていました。

 

教授の反対を押し切って医師転職が失敗する事例

 

実際、医局の中にいるとなかなか気づかない事なのですが、

自己評価と他者評価にギャップがある事が多く、

キャリアから考えてて新しい勤務先を紹介して転職しても、

「何もできないじゃないか」というクレームが入り、

転職を失敗、と考えている・・・なんて少し生々しい話しもあります。

医局,教授,メディリア,評判,口コミ,メディカルデータビジョン, 医師転職理由,医師転職失敗,医師転職事例,医師転職サイト口コミ,医師転職サイト比較,医師転職サイト評判,医師転職サイト選び方,医師アルバイト,医師求人非常勤,常勤医師求人

医局関連病院での実績、評判もそれと全然関係ない病院での評価に

直結しない、という事例も多い、との事です。

教授に有無を言わせない!すなわちそれが一人前、という事です。

ですので、教授から熱心に慰留を受ける場合は、

自分のやりたい事と自分への評価を今一度考えてみることも、

医師の転職で失敗しないポイントであるかもしれません。

 

医師転職で失敗しない為に求人先の医療情報をもっと知る

 

今回の引用では、医局を離れる時の教授の強い反対から、

もう一度自分の経験や実力を客観的に整理される事が、

転職で失敗しないやり方、という事であり、

転職そのものをやめた方がよい、という話ではないと理解しています。

いずれにせよ、自分の経験や能力が本当に次の勤務先で活かされるのか?

評価されるのか?という事が重要です。

転職コンサルタントと連絡を密にする事は勿論の事ですが、

自分の能力が本当に発揮できるのか?を検証する為に、

求人先病院の患者特性や患者受け入れ体制、診療実績等より詳しい情報が入手できて、

その情報入手を元に転職コンサルタントに会ってヒアリングを始めていく、

メデイカルデータビジョンの医師転職支援サービス「メディリア」は、

こうした医師の転職で失敗・・・と考える事例から生まれた

転職支援サイトです。

⇒求人先の医療統合情報が閲覧できる
メディリアの他社にはない医師転職支援サービスとは?

 

 

⇒医師転職失敗!と考える事例の共通点から導く2つの事。

医師の転職理由と失敗しない為に-Home