医師が転職で失敗しない為には結局この2つのポイントが。

医師が自分の転職を失敗した・・・と後悔する事例をみていますと、

その原因は結局のところ、下記2点にまとめられるのではないでしょうか?

  • 求人先病院の経営面や方向性といった医療統合情報が事前に分からない
  • 医師転職サイトの選び方とコンサルタントの付き合い方
  • 先ず、転職理由の中で一番譲れない部分を決める事、

    年収、勤務地、勤務条件、やりたい診療等々、どれが一番か?これが第一です。

    その上で、上記2点をクリアにしながら、転職活動を進めていく事になります。

     

    医師転職で失敗しない1-求人先の医療統合情報

     

    医師転職サイトに登録して、転職コンサルタントに会って要望を伝える前に、

    その転職サービスの会社が掲載している求人先病院について、

    年収や勤務先等の一般的な労働条件や求人情報だけではなく

    患者特性や、患者受け入れ体制、診療情報等の病院の経営や方向性を

    定量的なデータと知る事ができれば、

    応募の段階で、

    或いは転職コンサルタントにヒアリングしてもらう前の段階で、

    自分の一番の要望との擦り合わせが可能になります。

    その結果、転職によるミスマッチングがかなり減少します。

    そういう事前に求人先の詳しい情報が

    ネット上から閲覧できるサービスを持つ転職サイトがあります。

    医師転職の失敗事例から生まれた、サービスと言えます。

     

    医師転職で失敗しない2-医師転職サイトの選び方とコンサルタント

     

    医師転職サイトは求人数が多く、コンプライアンスがしっかりしている

    上場企業を選ぶこと、これが先ず第一です。

    医師転職ドットコム、リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアエージェント等です。

    これのどこにするか?ですが、

    多くの医師転職が成功されている医師は、

    複数の転職サイトを利用されています。

    その場合、転職コンサルタントとの付き合い方がポイントとなります。

    誠意を持って、付き合う事が先ず第一ですが、

    転職コンサルタントからは、できるだけ求人先の病院の生の声を聞くようにします。

    生の口コミです。

    現場の話し、地域での評判、それと経営者層、理事長や院長・・・

    実はこの辺りの情報を詳しく知っているのは、

    小生も関係していた医療卸や医薬品卸の中堅からベテラン営業マンだったりするのですが、

    とにかく生の口コミを仕入れてください。

    その上で、定量的な病院データ、医療統合情報をを見る事で、

    情報の裏をとって、転職を進めていくことになります。